熊本県内ライブカメラ


より大きな地図で 熊本県ライブカメラマップ を表示
熊本県内ライブカメラ一覧 LIVE CAMERA LIST

  • 阿蘇市 / 古閑の滝 / 坂梨宿
  • 阿蘇市 / 「農園ライブカメラ」 あそ有機農園(小野田)、 モーモーファーム竹原牧場(西町)、内田農場(内牧・南宮原) / あそんファーム
  • 阿蘇市 / 阿蘇山 / 阿蘇田舎暮らし通信「風の便り」
  • 阿蘇山 / 阿蘇ライブカメラ / rkk.jp
  • 熊本県内各地 / 阿蘇火口、草千里、人吉、熊本市内、有明海、グランメッセ熊本駐車場 / RKK熊本放送
  • 阿蘇郡南阿蘇村河陽 / 中岳第一火口、本堂、火山研究センター / 火山研究センター
  • 阿蘇郡南阿蘇村河陽 / 阿蘇ライブカメラ 阿蘇、搾乳牛舎、水田、羊舎、農場、豚舎 / 東海大学農学部阿蘇キャンパス
  • 阿蘇郡南阿蘇村白川 / 南阿蘇ライブカメラ / 南阿蘇高原の家ノア
  • 阿蘇郡南阿蘇村 / 「南阿蘇村ライブカメラ」 久木野パークゴルフ場、芝生広場、夜峰山、おかまど山、新村交差点付近
    ドッグラン、高岳、根子岳、駐車場、南外輪山 / 南阿蘇村役場
  • 阿蘇山 / 北外輪山から阿蘇五岳、阿蘇山公園道路、阿蘇山火口付近 / 阿蘇インターネット放送局
  • 阿蘇山 / 火山カメラ画像 阿蘇山(草千里) / 国土交通省 気象庁
  • 阿蘇郡南小国町 / 南小国町瀬の本高原、黒川温泉さくら通り / 南小国町役場
  • 阿蘇郡南小国町 / 「南小国町ライブ映像」 南小国町総合物産館きよらカアサ、ドライブイン・レストラン三愛レストハウス、黒川温泉旅館組合 風の舎(黒川温泉さくら通り)/ 南小国町役場
  • 高森町 ( 高森 ) / 南阿蘇からの阿蘇根子岳 / インターネット自然研究所
  • 玉名市天水町 / 草枕温泉てんすいライブカメラ 玉名市天水町・有明海・雲仙 / 「漱石・草枕の里」
  • 宇城市三角町 / 三角灯台 / 熊本海上保安部
  • 山鹿市山鹿 / 菊池川流域ライブ画像 / 国土交通省菊池川河川事務所
  • 熊本空港(上益城郡益城町) / 阿蘇くまもと空港ライブカメラ / JAL 天気情報
  • 上益城郡山都町 / 「山都町ライブカメラ」 通潤橋、清和高原天文台、そよ風パーク / 山都町役場
  • 熊本市北区 / 北熊本SAライブカメラ 九州自動車道・北熊本SA上り / 西日本高速道路株式会社 大分高速道路事務所
  • 熊本市水道町 / 熊本市内 / 模型センター日教社
  • 熊本市 / 熊本市内 白川ライブカメラ(RKK屋上) / You Tube
  • 宇土市 / 「宇土市内設置公共ライブカメラ」 宇土市住吉町(網津川)、国道57号線(宇土市長浜)、浜戸川(次郎兵衛橋下流)、浜戸川(浜戸川樋管下流)、宇土市三拾町(潤川)、宇土市下網田町(網田川) / 宇土市役所
  • 八代市 / 八代市内 / インターネットやつしろYTNET
  • 八代市 / 達磨川防災情報 球磨川流域 / 八代河川国道事務所
  • 天草市 / 御所浦港フェリー乗り場付近 / 天草市役所
  • 天草市 / 「天草市Webカメラ」 本渡地区、牛深地区、有明地区、御所浦地区、倉岳地区、栖本地区、新和地区、五和地区、天草地区、河浦地区、交通カメラ(天草瀬戸大橋)、交通カメラ(有明松島道路出入口)、五和町鬼池港、魚貫町地区、倉岳町宮田地区、御所浦町嵐口地区、栖本町河内地区、天草地区下田地区、河浦町一町田地区、 河浦町﨑津地区、佐伊津地区 / 天草市役所
  • 球磨郡五木村 / 「五木村防災カメラマップ」 頭地1(小八重橋付近)、頭地2(温泉付近)、頭地3(坊主山付近)、竹の川、大通(八代側・五木側)、元井谷 / 五木村役場
  • 人吉市温泉町 / 悠久球磨川 / 旅館翠嵐楼
  • 水俣市 / 水俣川ライブカメラ / 水俣市役所
  • 県内道路 / 熊本県道路情報カメラ
  • 県内河川・道路 / 河川ライブカメラ(白川、緑川)、国道ライブカメラ(国道3号、57号、208号) / 熊本河川国道事務所
  • 県内河川 / 熊本県河川カメラ 菊池川圏域・白川緑川圏域・球磨川圏域・天草圏域 / 熊本県防災情報システム

熊本県の観光情報

 県庁所在地は熊本市。県人口は約180万人、熊本市の人口は約73万人。かつては「隈本」と呼ばれていましたが、戦国大名の加藤清正が「熊本」と改名したのが現在の熊本県の由来といわれています。農業が盛んでトマト、すいか、なす、メロンなどは全国有数の産地です。また、有明海に面しており、真珠、車えびや海苔の養殖が盛んです。郷土料理には「いきなりだご」「からしれんこん」「馬刺し」「太平燕」などがあります。
観光地として「熊本城」、「霊巌洞」、「阿蘇中岳噴火口」、「黒川温泉」、「天草五橋」、「菊池渓谷」、「阿蘇温泉郷」(阿蘇市)、「平山温泉」(山鹿市)などがあります。「熊本城」は1601年に加藤清正が築城して以来、400年の歴史を誇ります。当時の城郭は1877年の戊辰戦争で焼失しましたが、1960年の再建工事を経て現在に至っています。
「霊厳洞(れいがんどう)」は熊本市の霊巌禅寺の裏にある洞窟で、宮本武蔵が五輪の書を書いた場所として有名です。剣術修行のため諸国を旅した剣豪宮本武蔵は、晩年熊本に住み、この「霊厳洞」で五年の歳月をかけて兵法書「五輪の書」を完成させたといわれています。宝物館には武蔵の肖像画、巌流島の決闘で使用されたといわれる木刀も展示されており、武蔵ゆかりの地として観光名所となっています。
「阿蘇山」は正式には高岳、中岳、根子岳、往生岳の五つの山の阿蘇五岳をさしますが、一般的には現在も活動中の中岳(1,506m)を指す事が多いです。中岳にはロープウェイだけでなく、阿蘇山公園道路で自家用車で火口付近まで行く事ができます。火口は南北1km、東西400m、周囲は4kmにも及びます。活動中の火口までこれほど近くまで行ける「阿蘇山」は世界的にも珍しく、国内外を問わず多くの観光客が訪れます。
また、活火山がある事から阿蘇市内には温泉が多く、熊本県の源泉数の4割が市内に集中しています。市内の温泉街には豊富な源泉を掛け流しした温泉も数多く存在し、宿泊客だけでなく立ち寄りでも気軽に入れます。阿蘇温泉観光旅館協同組合では日帰り入浴ができる温泉を20以上も紹介しており、入浴料も100円から500円程度とお手頃価格で入浴できます。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA